お知らせ

新型コロナワクチン接種を勧める大規模な宣伝はやめて欲しい!

投与後に人を死亡させれたケースのあるワクチンを推奨されるのは驚異以外の何物でもありません。歴然とした効果も出ていない!にもかかわらずやたらと勧めてくるし、TVでは〇〇の国では摂取が義務づけられ摂取していないと劇場にも入れない!と脅しにしか聞こえません。

今回、厚生労働省からのワクチン接種受付のメールに対し以下のように回答させて頂きました。

【厚生労働省 新型コロナワクチン接種 ご担当者様】

1~4波の自宅待機を含む対策での歴然とした効果は無く尚且つPCR検査数を増やす度に感染者数も第1波から10倍以上に増えています。
米国の提示したワクチンの効果は90%以上という割に、ワクチン接種が進んでもRCR検査陽性者数とその減少幅は大3派から比べて逆に低下しています。
「新型コロナワクチンの薬事承認にあたって、有効性や安全性を、臨床試験や科学的知見に基づいて確認しています。」と記載がありますが、その確固たる根拠を提示して頂けませんでしょうか?
ワクチン摂取後の死亡者もおり、皮膚の腫脹・疼痛が100%、38℃以上の発熱を起こす頻度も極めて高いようです。まるでワクチン接種によりコロナに感染させているとも受け取れます。

正しいデータと何よりも安全性が担保されない薬を受け入れる事は到底できません。
納得のいくご回答をお願いします。

<追加のご報告>

9月21日(火)現在、何の返答もありませんでした。

厚生労働省は非常に一方的で、迷惑メール配信業者と同類と感じました。

にっしん皮フ科・形成外科