お知らせ

栴檀海斗の痒み防止効果をvas scaleで実証しました。

vas scale(Visual Analogue Scale)は病院等で治療効果の判定のために用いられる評価方法です。
今回、栴檀海斗の痒み防止効果の判定に用い良好な結果が得られたのでご報告します。

S__44728428s

実施人数 300人
対象患者 栴檀海斗を3週間程度以上使用している方
女性198人 男性102人

年齢 10~19歳 20~29歳 30~39歳 50~59歳 60~69歳 70歳以上
人数  43     46     55    57     44     15

《結果》
VAS平均値(vas score/300)1.82cm(使用前の痒みを10とした時1.8に減少できた。)(効果あり)

《解説》
vas scaleは、痛みやリハビリの効果判定等で通常用いられている治療効果判定のための評価方法です。10cmの線を引き治療前を10とした時に治療を進めていくことで何cmまで改善できたかを患者様に線引きしてもらいます。今回、300人の方の各年齢層でだいたい均等にご回答を頂くことができました。『かゆみ』にも種類があるにせよ、特に『〇〇の痒み!』と患者様が限定して来院されることはありません。漠然と『かゆみ』とすることで『日常的に起こる各種の痒み』を改善可能かどうか評価することができます。結果、多数の方が10の痒みを2以下に改善(80%改善)できるという事が実証されました。栴檀海斗の開発に当たっては、私自身が被験者となり、汗の痒みについては痒み因子の特定と痒みの増減と共に増大縮小する毛包付属器炎との関係を明らかにし、栴檀海斗を塗布することで痒みポイントがどれだけ減少できるかをテストしてきました。また、多くの方の感じる痒みは、汗の痒みと、虫刺されや蕁麻疹の際のヒスタミン系の痒みが大半であり、ヒスタミン系の痒みにも十分効果が発揮できることをテストしてきましたが、今回のvas scaleにより多くの患者様で同程度の効果が確かめられました。さいたまの夏は兎に角蒸し暑くべったり汗をかきやすく、蒸し暑いと蚊・蜂・アブ・ヌカカ・トカゲ(河川敷・海釣り)等の毒虫の活動も活発化します。このような場面で是非、栴檀海斗をご活用頂けたら幸いです。尚、ブユ・毛虫の場合は処方薬が必要となるためご相談いただけたらと思います。

《かゆみスキンケアで美肌をつくる楽しみ》
『かゆみ』は、多くの皮膚炎の予兆や悪化を脳に自覚させる手段として出現します。このため『かゆみ』は耐えるのではなく常に止めてお過ごしになることが大切です。『かゆみスキンケア』は続ける楽しさと感動があります。シミや傷跡の予防や目立たなくする働き、お肌の凹凸、イボ(スキンタッグ、脂漏性角化症)を防く働きや、何よりも小学校低学年のお子様のお肌のようなツルさらとしたお肌を全身で保てることは、保湿とバリアという概念しかなかったスキンケアの定説を覆す革命的存在です。栴檀海斗は環状オリゴ糖という成分を含み、一見サラサラしている角質層を実はゼリーのように潤しています。この働きは洗顔すると分かります。尚、かゆみ止めとしても0歳から100歳以上の方にお使いいただきた経験があり、多くの方が納得できる仕上がりとなっています。特に、汗の痒みと感じられる汗/皮脂乳化物による『毛穴のかゆみ(あせものかゆみ、全身のあちこちのかゆみ)』と、蚊に刺されの痒みについては自信をもってお勧めできます。『かゆみ』の感じ方も人それぞれです。顔をあちこち触っている仕草は『かゆみ刺激』ですが、何かに集中していると『かゆみ』とは思われていない方も中にはおられます。ただ、『かゆみ』を強く感じるかどうかはさておき、ひび割れた敏感肌以外の多くのお肌質に合いますのでぜひお試しいただけたら幸いです。

《まとめ》
栴檀海斗のかゆみ防止効果の実証としてvas scaleを用い良好な効果が確かめられました。

尚、栴檀海斗(生体皮膜剤)は日本・アメリカ・英国・フランス・イタリア・カナダの各国で特許を取得し、痒み防止効果・傷を早く綺麗に治す働きがあります。今回、来院患者300名で痒み防止作用の有効性を実証したので解説と付随効果を添えてお知らせしました。

にっしん皮フ科・形成外科